野球スコアブックソフト野球簿 ヘルプ --- 投手・打撃・守備成績

野球スコア記録、チーム・選手情報記録ソフト :
野球簿 (Windows 10,8,7,Vista,XP対応)
野球スコア記録、チーム・選手情報記録アプリ :
野球簿T (Androidアプリ)
野球インターネットサービス :
野球簿net


リーグ戦の投手・打撃・守備成績を表示します。

(1)投手成績


投手成績を表示します。 可能な操作は、
  • 表示データの切り替え
  • 並び替え
  • 表示条件の変更
  • 修正・更新
  • 印刷
  • リーグ戦シーズンデータへの選手成績の追加・削除
となります。以下でそれぞれの説明を行います。
  • 表示データの切り替え

表示できるデータは以下の9種類です。

全表示条件成績(得点圏,対左右など)以外の成績を全て表示します。
主要成績防御率、勝、奪三振などの主要な項目を表示します。
先発・リリーフ別(条件成績)先発時・リリーフ時のそれぞれの場合の防御率を表示します。
得点圏・満塁(条件成績)得点圏・満塁の際の被安打率・被本塁打を表示します。
対打者左右(条件成績)対戦した打者の左右別の被安打率・被本塁打を表示します。
序盤・終盤別(条件成績)5回までと6回以降に分けた被安打率・被本塁打を表示します。
カウント別@A(条件成績)ストライクカウントごとの被安打率・被本塁打を表示します。
アウト種類(条件成績)アウトのとり方を三振、ゴロ、飛球に分けて表示します。

  • 並び替え


    成績順に選手を並び替えます。項目、昇順降順を変更できます。 ボタンが"大"のときは値の大きい順(降順)、"小"のときは値の小さい順(昇順)に表示します。

  • 表示条件の変更


    表示する選手を条件によって絞り込みます。 "規定回数"を選択すると、 1試合あたりの規定回数*チーム試合数以上の投球回数(端数切捨て)を投げている選手のみの表示、 "出場選手"を選択すると、シーズン中に一度でも登板した投手のみが表示されます。
    "規定回数"の右側の"表"と表記されたボタンを押すと、 リーグ戦に参加している全チームのそれぞれの規定回数が表示されます。 単独チームのみを表示している場合は、ボタンは表示されず、 表示中のチームの規定回数が表示されます。
    "設"と表記されたボタンを押すと、投手規定回数・打者規定打席・ 投手成績計算基準イニングの設定が可能になります。 詳細はこちらに記述があります。 ここでの設定は全データ共通の設定となるため、 他シーズンの成績表示にも影響を与えることになります。ご注意下さい。

    注)リーグ戦で不戦勝があった場合、その試合は規定回数の計算に使用されません。

  • 修正・更新
    マウスとキーボードを使用して、データを直接修正できます。 登録名以外のデータには半角の数値以外を入力しないで下さい。 エラー発生の原因となります。 修正画面になると"投球回数"の列が、"投球回数1"と"投球回数2"に分かれます。 "投球回数1"には投球回数の整数部分、 "投球回数2" には小数部分の分子を入力して下さい(例:20回3分の2の場合、 "投球回数1"には20、"投球回数2"には2を入力)。
    また、勝率・防御率・奪三振率などの、数値を元に計算されるデータは修正時には表示されず、 修正できません。 これらの値は、更新時に自動計算されます。



    修正終了後は"更新"ボタンを押して更新を行って下さい。 更新しない限り変更されたデータは保存されません。 なお、更新しないまま他の画面に移動するとデータが保存されないことがありますので(例:投手成績で修正後、 更新せずに打撃成績に移動、修正、更新すると打撃成績のみデータ保存されます)、 画面を切り替える前に更新を行うようにして下さい。

  • 印刷
    データをA4サイズの用紙に印刷します。縦横の選択を行うことができますが、 投手成績の"全表示"を印刷する場合は、横のみとなります。 使用するプリンターは通常使用の設定をされているプリンターとなります。

  • リーグ戦シーズンデータへの選手成績の追加・削除
    リーグ戦シーズンデータに選手成績を追加・削除することができます。 選手成績を追加することが可能な選手は、 現役選手としてチームに所属し、登録名が入力されている選手のみです。 追加に関しては、リーグ戦に出場することで、 自動的にリーグ戦シーズンデータへ選手が追加されますので使用機会は限られます。

*リーグ戦成績表示の際のタイトル表示

成績を表示する際に、防御率、勝率、勝、SP、ホールド、奪三振の6項目では、 リーグ戦での成績上位3位までが識別できるように文字の色・ 太さに変化を加えています(1位 2位3位)。 全日程終了したリーグ戦であればタイトル確定と判断し、トロフィーが追加されます。 なお、順位が同じ選手が複数いた場合には正確に識別されますが(1位が2人など)、 上位3位までの選手が10人より多い場合、11人目以降は表示されません。 また、値が"0"又は"1"の場合、成績上位であってもタイトル表示は行われません

(2)打撃成績

打撃成績を表示します。 可能な操作は、
  • 表示データの切り替え
  • 並び替え
  • 表示条件の変更
  • 修正・更新
  • 印刷
  • リーグ戦シーズンデータへの選手成績の追加・削除
となります。以下でそれぞれの説明を行います。
  • 表示データの切り替え

表示できるデータは以下の12種類です。

全表示条件成績(得点圏,対左右など)以外の成績を全て表示します。
主要成績打率・本塁打・盗塁などの主要な項目を表示します。
長打・出塁率長打率・出塁率関係の項目を表示します。
盗塁成績盗塁関係の項目を表示します。
得点圏・満塁(条件成績)得点圏・満塁の際の打率・打点・本塁打を表示します。
代打成績(条件成績)代打の際の打率・打点・本塁打を表示します。
対投手左右(条件成績)対戦した投手の左右別の打率・打点・本塁打を表示します。
左右打席別(条件成績)左右打席別の打率・打点・本塁打を表示します。
打球方向(条件成績)打球の方向を5方向に分けて表示します。
序盤・終盤別(条件成績)5回までと6回以降に分けた打率・打点・本塁打を表示します。
カウント別@A(条件成績)ストライクカウントごとの打率・打点・本塁打を表示します。

  • 並び替え
    成績順に選手を並び替えます。項目、昇順降順を変更できます。 ボタンが"大"のときは値の大きい順(降順)、"小"のときは値の小さい順(昇順)に表示します。

  • 表示条件の変更
    表示する選手を条件によって絞り込みます。 "規定打席"を選択すると、 1試合あたりの規定打席*チーム試合数以上の打席数(端数切捨て)の選手のみの表示、 "出場選手"を選択すると、 シーズン中に一度でも出場した選手のみが表示されます。
    "規定打席"の右側の"表"と表記されたボタンを押すと、 リーグ戦に参加している全チームのそれぞれの規定打席が表示されます。 単独チームのみを表示している場合は、ボタンは表示されず、 表示中のチームの規定打席が表示されます。
    "設"と表記されたボタンを押すと、投手規定回数・打者規定打席・ 投手成績計算基準イニングの設定が可能になります。 詳細はこちらに記述があります。 ここでの設定は全データ共通の設定となるため、 他シーズンの成績表示にも影響を与えることになります。ご注意下さい。

    注)リーグ戦で不戦勝があった場合、その試合は規定回数の計算に使用されません。

  • 修正・更新
    マウスとキーボードを使用して、データを直接修正できます。 登録名以外のデータには半角の数値以外を入力しないで下さい。 エラー発生の原因となります。 また、打率・出塁率・長打率などの、数値を元に計算されるデータは修正時には表示されず、 修正できません。 これらの値は、更新時に自動計算されます。

    修正終了後は"更新"ボタンを押して更新を行って下さい。 更新しない限り変更されたデータは保存されません。 なお、更新しないまま他の画面に移動するとデータが保存されないことがありますので(例:打撃成績"打球方向"で修正後、 更新せずに打撃成績"主要成績"に移動、 修正、更新すると打撃成績"主要成績"のみデータ保存されます)、 画面を切り替える前に更新を行うようにして下さい。

  • 印刷
    データをA4サイズの用紙に印刷します。縦横の選択を行うことができますが、 打撃成績の"全表示"を印刷する場合は、横のみとなります。 使用するプリンターは通常使用の設定をされているプリンターとなります。

  • リーグ戦シーズンデータへの選手成績の追加・削除
    リーグ戦シーズンデータに選手成績を追加・削除することができます。 選手成績を追加することが可能な選手は、 現役選手としてチームに所属し、登録名が入力されている選手のみです。 追加に関しては、リーグ戦に出場することで、 自動的にリーグ戦シーズンデータへ選手が追加されますので使用機会は限られます。

*リーグ戦成績表示の際のタイトル表示

リーグ戦の成績を表示する際に、打率、本塁打、打点、盗塁、安打、出塁率、 長打率の7項目では、リーグ戦での成績上位3位までが識別できるように文字の色・太さ、 背後の模様に変化を加えています(1位 2位3位)。 全日程終了したリーグ戦であればタイトル確定と判断し、トロフィーが追加されます。 なお、順位が同じ選手が複数いた場合には正確に識別されますが(1位が2人など)、 上位3位までの選手が10人より多い場合、11人目以降は表示されません。 また、値が"0"又は"1"の場合、成績上位であってもタイトル表示は行われません


(3)守備成績

守備成績を表示します。 可能な操作は、
  • 並び替え
  • 表示条件の変更
  • 修正・更新
  • 印刷
  • リーグ戦シーズンデータへの選手成績の追加・削除
となります。以下でそれぞれの説明を行います。

  • 並び替え
    成績順に選手を並び替えます。項目、昇順降順を変更できます。 ボタンが"大"のときは値の大きい順(降順)、"小"のときは値の小さい順(昇順)に表示します。

  • 表示条件の変更
    表示する選手を条件によって絞り込みます。 "出場選手"を選択すると、シーズン中に一度でも出場した選手が表示されます。

  • 修正・更新
    マウスとキーボードを使用して、データを直接修正できます。 登録名以外のデータには半角の数値以外を入力しないで下さい。 エラー発生の原因となります。 また、守備率・盗塁阻止率などの、数値を元に計算されるデータは修正時には表示されず、 修正できません。 これらの値は、更新時に自動計算されます。

    修正終了後は"更新"ボタンを押して更新を行って下さい。 更新しない限り変更されたデータは保存されません。 なお、更新しないまま他の画面に移動するとデータは保存されませんので、 画面を切り替える前に更新を行うようにして下さい。

  • 印刷
    データをA4サイズの用紙に印刷します。縦横の選択を行うことができます。 使用するプリンターは通常使用の設定をされているプリンターとなります。

  • リーグ戦シーズンデータへの選手成績の追加・削除
    リーグ戦シーズンデータに選手成績を追加・削除することができます。 選手成績を追加することが可能な選手は、 現役選手としてチームに所属し、登録名が入力されている選手のみです。 追加に関しては、リーグ戦に出場することで、 自動的にリーグ戦シーズンデータへ選手が追加されますので使用機会は限られます。


リーグ戦説明へ

トップ / 一般試合 / リーグ戦 / チームデータ / 情報セット / 野球簿net / その他 / (株)尾雲トップ